広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

ジャンプ世代を捉えるニュースリリースは、投資家も捉える

公開日:2009年1月7日 | 最終更新日:2013年5月15日

ドラゴンボールを本屋で毎週のように立ち読みをしていた小学生・中学生時代を過ごし、いまでもワンピースを読んでしまうジャンプ世代。そんな世代が気になるゲーム「バトル体感ゴムゴムのかめはめ波~おめぇの声でおらを呼ぶ~」が出ていました。

エイチアイの3D描画エンジン「MascotCapsule(R)」がバンダイの人気体感ゲーム最新作「バトル体感ゴムゴムのかめはめ波」に採用

株式会社エイチアイ (本社:東京都目黒区、代表取締役社長兼CEO:川端一生、以下、エイチアイ)は、3D描画エンジンMascotCapsuleが株式会社バンダイ(本社:東京都台東区、代表取締役社長:上野和典、以下、バンダイ)の本体とテレビをコードで繋ぐだけですぐに遊べる体感ゲーム玩具「Let’s!TVプレイ」シリーズ(*1)から2008年11月15日に発売された最新作、「バトル体感ゴムゴムのかめはめ波~おめぇの声でおらを呼ぶ~」(*2)に採用されたことを本日発表いたします

株式会社エイチアイ : エイチアイの3D描画エンジン「MascotCapsule(R)」がバンダイの人気体感ゲーム最新作「バトル体感ゴムゴムのかめはめ波」に採用 : News2u.net

このゲームに採用された「MascotCapsule」を開発した株式会社エイチアイからのニュースリリース。
「MascotCapsule」は、組込み機器向けのリアルタイム3D描画エンジンです。とても専門的な製品ですが、実際に使われている商品と言われると、「へぇ~」と思うものです。
専門的なソリューションを扱っていても、企業がどんな活動をしているのか伝える役目がニュースリリースにはあります。
ニュースリリースを受け取り手は、実際に商品を買う人だけではなく、企業が生み出す利益に関心がある人もいるので、個人投資家やベンチャーキャピタルなどにも活動を知らせていく必要があります。
ニュースリリースは、消費者だけじゃなく企業の利益に関わる人すべてに届いていると捉え、ニュースリリースでのネットPR効果を考えてみてはどうでしょうか。

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ