広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

実践!ネットPR!<メディア編 第一回 ~ 一般新聞・通信社系ニュースサイト ~ >

公開日:2007年6月28日 | 最終更新日:2013年5月15日

「ネットPRが何たるか・・・」ニューズ・ツー・ユーのスタッフも、日々その事を模索しながら業務に取り組んでいるワケでありますが、その“ネットPR”の実践方法などを、今回から始まるこのコーナーで紹介していきたいと思います。
新聞、雑誌、テレビ・ラジオときて“ネットメディア”も2000年頃より急速に普及してきました。ニュースリリースの送付手段も郵送やFAXに加え電子メールでの配信も、もはや普通の手段となりつつあります。メディア側も編集部専用のメールアドレスを設け、企業から発信されるニュースリリース・プレスリリースを受信&プールし共有化を図るようになりました。
『実践!ネットPR!』では、まず<メディア編>として、現在の主要なニュースサイト、情報サイトなど、プレスリリースを発信する上で、重要と考えられるネットメディアを、各ジャンルカテゴリ別に紹介・解説していく予定です。
*    *    *    *    *    *    *    *    *    *
今回の<メディア編 第一回>は、日本国内の一般新聞・通信社系ニュースサイトを紹介します。
多くの新聞社は「メディア編集部」「WEB編集部」などといった呼称で、本紙とは別の編集部を設けるようになりましたが、WEB編集部門の人的資産が限定されているせいか、コンテンツが本紙記事転載で占められているメディアも依然として多く、その内容や特徴は各社で大きく差があります。
asahi.com(朝日新聞社)
YOMIURI ONLINE(読売新聞社)
MSN毎日インタラクティブ(毎日新聞社)
SankeiWEB(産経デジタル)

マイクロソフトと産経新聞グループは6月27日、産経新聞のWeb版をMSNに統合したニュースサイト「MSN産経ニュース」を10月1日に開設すると発表した。現在MSNと毎日新聞社が共同運営している「MSN毎日インタラクティブ」は9月30日で終了し、毎日新聞は独自にニュースサイトを始める。
6月27日付 IT media News

上記のニュースのように、MSNがコンテンツパートナーを現在の毎日から産経にシフトする動きに伴い、他の新聞社系WEBメディアのコンテンツ提携先再編など影響が予想されますので、これらメディアの動きを注視していく必要があります。
NIKKEI NET(日本経済新聞社)
Tokyo WEB(東京中日新聞社)
Fuji Sankei Business i on the web(産経デジタル)
日刊工業新聞社ビジネスライン(日刊工業新聞社)
47 News(Press Net Japan)
47都道府県52新聞社と共同通信による、各社発信のニュースを束ねた総合サイト
時事ドットコム(時事通信社)
The Japan Times
なお、NIKKEINETと日刊工業新聞ビジネスラインは、企業からのニュースリリースをそのまま掲載するカテゴリを持っています。
NIKKEI NET~プレスリリース
日刊工業新聞ビジネスライン~企業発表
NIKKEINETについては、一度日経本紙で取材されたことのある企業のプレスリリースが、掲載され易くなるそうです。
次回・第二回は、スポーツ新聞社系ニュースサイトを紹介します。


■関連エントリー

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ