広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

ランディングページと連動させたニュースリリース発信でコンバージョン率UP:日本電気株式会社(NEC)

公開日:2009年3月12日 | 最終更新日:2013年5月1日

日本電気株式会社(NEC)は、パソコン・携帯電話をはじめ、グローバルレベルで企業向けのIT・ネットワークソリューション事業を展開している企業です。そのNECでコーポレートWebサイトを統括しているのは、カスタマーリレーション推進本部。今回は同社カスタマーリレーション推進本部 Webコミュニケーショングループでマネージャーを務める、朝火英樹氏に「News2u リリース」を使ったネットPRについてお話を伺いました。

NECのカスタマーリレーション推進本部は、NECコーポレートサイト、eマーケティング、展示会・イベント・セミナー、ユーザー会の企画・運営など、お客様と直接コンタクトをとる施策を担当しています。同部署では「News2u リリース」をどのように活用されているのでしょうか。

「プレス向けのリリースに関しては、コーポレートコミュニケーション部がメインで発信しています。その一方で私たちは、ネットユーザーとのコミュニケーションや、Webプロモーションの位置づけでNews2u リリースを活用しています。私たちはお客様へダイレクトに情報を届けるという意味で、ニュースリリースをメルマガと同じ感覚で捉えていて、プレスリリースよりカジュアルなニュースをNews2u リリースで発信しています。ただお客様側からすると、同じ企業から出されている情報は、ニュースリリースもプレスリリースに見えることがあります。そのため、広報メンバーとは連携をとり、広報案件と内容が重複していないか、配信タイミングなど確認しあっています。」

コーポレートサイトを運営するカ スタマーリレーション推進本部が導入されたということで、「News2u リリース」とコーポレートサイトを連動させた事例もご紹介いただきました。

ランディングページと連動させたリリース発信の効果

NECでは、2008年11月にNECグループの最新技術を発表する場として「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2008」を開催。その運営担当であったカスタマーリレーション推進本部では、関連するニュースリリースを「News2u リリース」で6回発信しました。ひとつのイベント開催で複数回リリースを発信された訳を伺ってみました。
「規模が大きいイベントの場合、展示内容も様々です。そのため、それぞれのター ゲットとなる方に副った切り口でニュースリリースを作りました。イベント告知のマスプロモーションやバナー広告も露出しつつ、ニュースリリースではマスメディアから伝わらない情報を出し、Web上にイベント情報を散りばめようと考えました。

リリース内容は、イベントの“事前告知”や“見どころ”などに分け、あらかじめリリース発信のスケジュールを決め、それにあわせてランディングページとなるオフィシャルサイトを公開しました。

狙っていたのは、ニュースリリース→ランディングページというユーザーの流れです。結果、そこから確実に申し込みへとつなげられたと思います」(朝火氏)この6回のニュースリリースから150人以上の方がイベントに事前登録されたことが検証され、最終的にそのコンバージョン率は20%以上だったそうです。ゴールまでのルートをきちんと用意し、ランディングページへ招く手段として「News2u リリース」を利用。目的をはっきりさせた組み立てが成功に繋がった好例です。

1本のニュースリリースが、Webコンテンツでありメディア

上に紹介したニュースリリースをご覧になって分かるように、リリース文章の前半に内容がまとめられ、さらにランディングページのURLもファーストビュー内に収まっています。このあたりからも、NECのニュースリリースはWebで見られることを意識されたものだと分かります。そんなNECが今後実施してみたいネットPRとはどういったものでしょうか。

「メールマガジンで実施している手法をニュースリリースに取り込むのも、新しい発見がありそうだなと思っています。例えば先ほど紹介したイベント集客の事例にも繋がるんですが、ニュースリリース自体をランディングページにして、記載するURLはお申込みページにリンクされている、といったような。ニュースリリース自体がコンテンツになっているイメージです。そういった“ニュースリリースをメディアと捉えたこと”もやってみたいことの1つです。

ニュースリリースをメディアとして捉える、という柔軟な発想の朝火氏。その発想は、Webサイト運営の経験から生まれるのかも知れません。Webサイトについても「PV数やユニークユーザー数ばかりを追うのではなく、製品名検索で訪問したユーザーが関心を持つコンテンツはなにか?検索された製品名とサイトコンテンツの相関関係は?と掘り下げて仮説・検証を繰り返している」と話します。

試行錯誤を繰り返しながら成功体験を積んでいるNEC。同社にとって、News2u リリースから発信するニュースリリースは、Webサイトと非常に密接な関係にあるようです。ネットPR最前線を走る企業として今後も注目です。

企業データ

日本電気株式会社(NEC)

日本電気株式会社(NEC)

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ