広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

ニュースリリースで、オウンドメディア強化に取り組むパナソニック株式会社

公開日:2011年6月3日 | 最終更新日:2013年4月19日

きめ細かい情報発信やコーポレートサイトを強化できる何かうまい手段はないかと検討

まず、News2uリリース導入のきっかけについてお伺いします。

弊社の場合、商品については「個人向け]」「法人向け」それぞれにWebサイトを展開していて、私が担当しているのは企業情報を扱うコーポレートサイトです。

コーポレートサイトにはプレスリリースを掲載していますが、商品を含むパナソニックグループ内の様々な情報をプレス向けに発信しているペーパーが元になっています。

プレスリリースには発信数や発表日に若干の制限もあり、全ての企業活動をきめ細かく紹介できませんが、CSR的な取組みを積極的に発信していくことは重要です。

例えば、社会貢献に関する情報は、発信していくのが非常に難しいところがあります。環境活動一つ一つを、自社サイトでいくら丁寧に紹介してもなかなか伝わりません。といって、広告を打つのも本末転倒で、それなら一本でも多く木を植えるべきなんですね。

また、このような情報を発信するとき、コーポレートサイトでトピックスとして取り上げることもあるのですが、従来のやり方はリンクをするだけで、一定期間が過ぎるとそのリンクを削除していたのです。これだとコーポレートサイトには情報が蓄積されません。

き め細かい情報発信やコーポレートサイトを強化できる何かうまい手段はないかなと検討していたころに、神原社長のセミナーに参加しました。
予想以上にサービ スの売り込みが少なく、ネットPRの基本的な理解が深まる内容でした。あとで営業の方にサービス内容を詳しくうかがって、これは導入すべきだと思いまし た。

それでも実際の導入までには時間をかけました。
まず、リリースできる情報が十分にあるかどうかです。ご相談したところ社会貢献の他に も、ショウルームのイベントに関するものや、法人向けビジネスに関するものまで、今まであまり広報宣伝を行う機会のなかった、かなり細かい話題でもニュー スリリースとして発信できることが分かりました

もうひとつはライティングです。
これについても事前に営業の方にご相談しました。プレスリ リースを書いたことはなかったのですが、幸いメールマガジンを担当していた経験があり、これを生かしていけばいいことがわかってきました。
タイトルの付け 方や、クリック率の考え方など通じるものがあります。さらにURLの位置や検索キーワードを重視した書き方など、ニュースリリースならではの書き方がほぼ 理解できました。

こうして、事前に不安な点をクリアできたので、導入は極めてスムースに進みました。

「広告で打ち出しにくい社会貢献などの情報」も外部に発信できた

導入してみて、いかがでしたか?

最初の一年間で約100本のニュースリリースを配信しました。

当初課題となっていた「広告で打ち出しにくい社会貢献などの情報」ももちろんこの中に 含まれています。さらに各事業の現場からの情報を集めてリリースしたところ、この本数になりました。これだけの情報が外部に出せたというのは大きいことで す。

目に見えた成果としては、ショウルームのイベントや法人向けセミナーへの動員ですね。あと、テレビの提供番組に関するニュースリリースを出すと、番組宣伝とともに検索で来訪が増えるのがわかります。放映日などは、モバイルページへのアクセスが増える事も。

ま た社内への効果も見逃せません。最初は二の足を踏んでいた担当者も、一度利用すると、自分の仕事について書かれたニュースリリースが新聞社や大手ポータル に掲載されて「なるほど、こうやっていろんなところに掲載されるのか」と実感してもらえます。そうすると、次のリリースからは進んで作成してもらえるんで す。

現在は「情報元の担当者がある程度執筆して、書きにくいところはこちらでお手伝いやアドバイス」という分担が出来上がりつつあります。プレスリリースなどメディアリレーションズを担当している広報担当とも、ルールを作って、協調して動いています。

ニュースリリースを出せばWebサイトのコンテンツが増えていく

プレスルーム自動更新機能のご利用も開始されました。

コーポレートサイトの強化も課題だったので、最初から注目していました。ただ実装については、実際にNews2uリリースを活用してニュースリリースを蓄積してみてからのほうがスムースだろうと考えて、1年後の導入となりました。

構築に当たってはモバイルサイトの対応などかなりカスタマイズが必要だったのですが、導入についてのノウハウをお持ちの株式会社パンセ(News2uグループ)にお願いしたので、安心して進めることができました。

まだ導入して3カ月くらいですが成果は着実に出ています。ニュースリリースを出せばWebサイトのコンテンツが増えていく、というのはやはり非常に合理的です。弊社の場合はPCサイト・モバイルサイトの両方が更新されますから、一石三鳥です。

ページビューも増加していますし、それだけでなく、コーポレートサイトにアクセスされた方をグループ内のサイトに誘導することができるのがとてもいいですね。グループのサイトの中を回遊していただいている感じです。

ただ、こうした取り組みも始まってまだ一年ですから、まだまだグループ内すべての事業に関する情報を掲載できているわけではありません、より多くの分野から、より多くの情報を集めて、さらに外部に配信していく、これが当面の目標です。

企業データ

panasonic

 

 

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ